静岡園へようこそ













お問い合わせは
こちらのメールまで










知っておきたいお茶の種類
煎茶
生葉を蒸した後、揉みながら乾燥したもので日本茶の標準と言えます。旨味や甘味と苦渋味のバランスのとれた味と、爽やかな香りが特徴です。
深蒸し煎茶
煎茶と同じ作り方ですが、煎茶の2〜3倍の蒸し時間をかける為、苦渋味の抑えられた濃厚な感じがするお茶です。
焙じ茶
番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしい香りを出したもので、苦味や渋味がほとんどなく、さっぱりとした味と香りのお茶です。
玉露
一番茶芽が伸び出した頃から、よしず棚などみコウやコモなどで20日間位遮光した葉を、煎茶と同じ様に製造したもので、濃厚な旨味を味わうお茶です。
番茶
硬くなった葉や茎などを原料として作られた茶で、サッパリとした味が特徴のお茶です。
抹茶
茶葉を蒸した後、全く揉まないで乾燥したものを「テン茶」といいますが、これを石臼で挽いたものが抹茶です。